王子様とまちこさんと・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肥満細胞腫⑤

1週間後には、血液検査とレントゲン検査でしたが
気になる事があって病院へ電話をしたのです。すると・・・・

受付の方から~その日は担当した女医S先生がお休みで・・代わりに別の先生が
検査するようになりますがかまいませんか?との事。

誰でもできる検査なので、問題ないとの事で別の先生に検査をしてもらう事となった。

そして・・検査の日

検査の日・・・・

その日担当したのは女医M先生

王子様をあずけて、血液検査とレントゲン検査をしてもらう

この時点で、外見上は腫瘍はほとんどわからない状態になっていた。

朝から検査だったのだが、あずけたときに女医M先生の口から

「組織球腫(良性の腫瘍)かも・・・」と言われる

え?え?
なんだか耳を疑いそうな状態になってしまった。良性の腫瘍なら何も問題ないじゃないか!!
その時は~どうか組織球腫であってほしい。良性の腫瘍であってほしいと願ったが
検査であずけている8時間ほどは何だかモヤモヤした気持ちになってしまった。


つまり・・・・・・

最初に担当した女医S先生は
「肥満細胞腫(悪性)」だと言った


次に担当した女医M先生は
「組織球腫(良性)かも」と言った




なぜこのようなことが、起こるのか??
それは、
最初に診断した時に取った細胞を誰が診てもわかるように保存(画像として)してなかったから

ですよね・・・・・


そして
女医S先生に対して不信がわき上がってきたのです。




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。